メンズ

良いアパート投資物件を見つけて投資成功|ハイクオリティ投資

留守の活用

内観

転勤や赴任のときには、長期間家を留守にしなければなりません。長期間留守になってしまうと、防犯性が下がってしまい空き巣が入ってくる可能性がありますし、空気の入れ替えをしないことで建物の寿命が短くなってしまいます。その長期間留守のデメリットを解消してくれるのが、リロケーションです。リロケーションとは、一定の期間だけ自宅を賃貸するというサービスです。赴任や転勤の間だけ、他人に賃貸することによって家賃収入を得ることができます。また、防犯性の低下を予防したり、建物の寿命を防いだりすることもできます。ただ長期間留守にしておくだけでは、経済価値は発生しないので、上手に活用したほうが良いです。

リロケーションを行なう場合は、業者に委託するのが一般的です。不動産会社や管理会社が、パッケージとしてリロケーションのプランを提供しているので、それを利用すれば簡単に賃貸ができます。業者に委託すれば、入居者募集や家賃督促、クレーム処理などさまざまな業務を対抗してくれるので負担を減らせます。手数料として家賃収入は少なくなってしまいますが、手軽にリロケーションができるというのは魅力的です。リロケーションを業者に依頼するときは、信頼性を重視したほうが良いです。悪徳業者に依頼してしまうと、管理がずさんだったり、どんな借り手も採用したりする可能性があるので注意しましょう。複数の業者のサービス内容や実績、価格を比較することによって、自分に合った信頼できる業者を見つけることができます。